私は炭水化物でできている。

2013/01/03 § 9件のコメント

 

 

年始から大量にマドレーヌを作りました。 数にして軽く60個以上。

 

madeleine

 

小豆を煮て、あんこを入れた抹茶バージョンも作りました。 これも上手にできました。

試食ばかりして体の中のマドレーヌ値がぐんぐん上がってます。

 

明日はこれを持って姉のお家に遊びに行ってきます。

存在

2012/03/22 § コメントする

ホワイトデーに頂いたsweetsたち。

なんとなく食べるのがもったいなくて、並べて写真を撮ってみました。

  

 

 

以前にもちょこっと書きましたけど、黒澤監督は、例えば撮影シーンに箪笥があったとして、たとえその箪笥を開けるシーンがなかったとしてもそのドラマの想定された生活を忠実に再現するために、引き出しの中にはきちんとその生活に必要なものを入れて撮影していたそうです。   すごい徹底ぶり。  

でもなんとなくそのこだわりはわかるような気がします。

私はこの写真を撮るとき、2つぶ入りの一番手前のチョコレートのうちひとつぶを食べました。 

バレたかな?

cafe time*

2011/12/04 § 8件のコメント

最近おうちカフェにハマってます。

 

いわゆるマイブームというやつで、それはものすごい勢いで突然やってきては突如いなくなります。

なので、この「おうちカフェ」もいつまで続くことやら。。。なのですが。

 

 

今日はカプチーノに初挑戦しました♪

初めてにしてはまぁまぁです。(うーん、お金出してこれを飲むかというと微妙ですが・・。)

 

 

そして、クレーム・ブリュレも作ってみました。

 

 

出来上がるまでにやたら時間のかかるお菓子です。4時間以上。 といってもつきっきりで4時間ではなく作業そのものは至って簡単、そしてとてもおいしいです。 たくさん作りました。 そしてたくさん食べました。

あぁ、DR Summicronさまはやっぱりすばらしい。。。と、カフェタイムの写真を撮るたびにそう思う今日この頃。

(写真はブレブレですけれど。。。笑)

A day of yellow

2011/09/10 § 6件のコメント

お友達から小さな菊をいただきました。

9月12日が中秋の名月なので、どうぞお月見を。。というメッセージつき。 粋な計らいです。


まんまるで黄色で本当にお月様みたい。

 

 

でも私は花より団子派かな?

La Maison du Chocolat encore

2011/07/13 § コメントする

先日、会社のマネージャさま方にいただきました、La Maison du Chocolat

箱が美しいです。(そして、中身もとてもおいしいです。)
今回はクッキーが入っていました♪

一度でいいので、大きな箱でmaison du chocolatをもらってみたい。。。。(一度でいいので、というか一度で十分ですね。)

ハット・ケースのようなその箱は、箱だけで5000円くらいします。

チョコレートも一粒何百円もして、初めてみたときは、あり得ない・・・と思いましたが、この上なく上品かつ妖艶な味がして、贅沢な幸せを与えてくれるチョコレート。そしてパッケージもとても大切な役割を果たしています。

きのこの山もおいしいけれど、こういうのもたまにはありかな。

値段はその価値に見合っていればいいと思います。 そしてその価値を決めるのは自分。

ドキドキ感は本質でないとこに存在してたりして。

寝ても覚めてもライカ

2011/05/08 § 4件のコメント

M9がやってきてから、頭の中はライカのことでいっぱいです。

今朝もさっそく昨日のLa Maison Du Chocolatの外箱リベンジに挑みました。

chocolat box
中身のないチョコレート箱。

黒澤明監督だったら、中身の入っていない外箱だけでチョコレートを表現するなんて、と思うでしょうけれど。 かじりかけのガーナチョコでも入れてみたら何か変わるかな?(それこそ不本意。)

デジタルはラティチュードが狭いと言うけれど、M9で撮った写真は結構いい味出してくれる気がします。レンズ? それともライカで撮ってるというひいき目かもしれません。それはそれで大事。

Jeanloup Sieffのようなモノクロ写真に憧れます。

あとでこのブログを見返したときに、少しでも写真上手くなったなーと思えたらいいなと思います。

(このままライカで撮り続けたら、他のカメラで撮れなくなりそう。。。)

La maison du chocolat

2011/05/07 § コメントする

“脱かわいい写真宣言”をして舌の根も乾かないうちにLeicaでこんな写真を撮ってみました。

会社の人がAdministrative Professional Dayのギフトとして下さいました。 とてもお高いチョコレート, La Maison Du Chocolat

食べたくても高くて普段はとても自分で買えないチョコレート。なので記録に残しておきます。
(ライカが買えるのならこのくらいは買えそうなものだけど、溶けてなくなってしまうのがやっぱり寂しい。。。どこまでも物質主義。)

Leicaの液晶は反応が鈍い上に、細かい描写はやはりスクリーンで見ないとわからないので、写真を撮ってからチョコレートを頂くまではだいぶお預けになりました。

結局耐えられずに、この辺で妥協。

chocolate in the box

箱の写真は文字がボケて失敗に終わったので外箱のみ後日リベンジです。

やっぱりこういう写真が好きなんだなー、私。
外では何度も撮り直しがきかないことが多いし、人の目も気になるし、お家で好きな物を撮っているのが一番気楽。

(これじゃ進歩がないので・・と思って昨日は勇気を振り絞って初ライカ外撮りをしましたが、どうもイケてない写真になりました。。)

Where Am I?

兎、ときどきライカ。Sweet カテゴリーを表示中です。