憧れのブロムカリ

2013/06/16 § 12件のコメント

珈琲現像が楽しくて今日もチャレンジしました。

本日のコーヒーはBrendy。フィルムはfomapan100です。

caffenol3

このブロムカリというもの、写真コーナーでよく見かける薬剤で、妙に憧れがありました。 ブロムカリに憧れがあったというより薬剤全般がとても気になる存在だったので、それを買う理由ができたときは思わず胸が高まりました。

 
どうも子供のころからサイエンティフィックなものに惹かれる傾向があって、小学校3年生の誕生日には顕微鏡がほしいといって親を小躍りさせました。(将来、科学者か何かになるにちがいないと思ったみたいで、それも単純すぎてどうかとは思いますけど、凡人になってしまってすいません、という気分です。)

このブロムカリは普通に現像する際には別に必要なかったんですねー。 静止現像のときに使います。
静止現像は現在封印中なのでブロムカリは用無しですが、ひとつまみだけ入れてみました。 気分的な効果が大きいです。

 

「子供の化学」もそこそこにして、そろそろちゃんと作品作りに励まなくては、と思います。

広告

珈琲現像

2013/06/15 § 12件のコメント

市販の現像液では飽き足らず、インスタントコーヒーを使った珈琲現像を試しにやってみました。

 

うそー。

 

普通にできた。。。。

 

 

感動です。

 

caffenol

 

 

Silvermaxの現像液より好きかも。

一度でうまくいきっこないと思っていたので、被写体は長巻フィルムとか、適当に並べたもの。

 

珈琲現像のレシピはこちらのブログを参考にしました。

私が使ったインスタントコーヒーは常備のネスカフェ香味焙煎です。 現像液を普通に流しに捨ててしまえるのがいいですね。 環境にもお財布にもやさしい現像液です。

 

化学反応がもたらす粒。

2013/06/12 § 4件のコメント

Rollei Retro100は私の中で、“どうもぱっとしないフィルム”・・・・という位置づけで、さっさと使ってしまおうと勢い良く消費。 最後の一本を届いたばかりのTetenalのUltrafinで現像してみました。

dog6

かつてない粒状性に感動です。

いままで使っていたRoginalやStudionalでは出しきれなかったきめ細やかさ。 (私の現像技術の問題かもですけど。)  この老婦人の手に感動しました。

もっと大事に使えばよかった。

最近、現像ノートというのを作りはじめました。  いわゆるレシピノートなんですけど、私の場合一般のレシピにないものも実験的に行っているので、きちんと記録しておかないと忘れてしまいます。

写真がうまくなりたくてなんとなく銀塩カメラをはじめたのに、今となっては現像液の成分とかその作用が気になって仕方がない。。

最近の検索ワードはmetolとかhydroquinone。     (でも難しいことはわかりません。)

0

2013/06/01 § 4件のコメント

leaves

6月になりました。

1年前を振り返ってみたら、被写体や構図うんぬん以前にフィルムで撮影するのに苦心していた模様。 撮れていないことがいまより何倍も多かったし。

1年かけて”ちゃんと写ってる写真”がそこそこ撮れるようになりました。
デジタルだったらここの試練がいらないのだけれど。

やっとスタート地点。

やっぱり仲良し。

2013/05/31 § 6件のコメント

cat5

 5月が終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん仲良し。

2013/05/30 § コメントする

cat4

2013/05/29 § 2件のコメント

遺伝子がこれを買えと言ってました。

usagi

別に私はぬいぐるみなんてほしくないですけど。

Where Am I?

兎、ときどきライカ。Black & White カテゴリーを表示中です。