化学反応がもたらす粒。

2013/06/12 § 4件のコメント

Rollei Retro100は私の中で、“どうもぱっとしないフィルム”・・・・という位置づけで、さっさと使ってしまおうと勢い良く消費。 最後の一本を届いたばかりのTetenalのUltrafinで現像してみました。

dog6

かつてない粒状性に感動です。

いままで使っていたRoginalやStudionalでは出しきれなかったきめ細やかさ。 (私の現像技術の問題かもですけど。)  この老婦人の手に感動しました。

もっと大事に使えばよかった。

最近、現像ノートというのを作りはじめました。  いわゆるレシピノートなんですけど、私の場合一般のレシピにないものも実験的に行っているので、きちんと記録しておかないと忘れてしまいます。

写真がうまくなりたくてなんとなく銀塩カメラをはじめたのに、今となっては現像液の成分とかその作用が気になって仕方がない。。

最近の検索ワードはmetolとかhydroquinone。     (でも難しいことはわかりません。)

広告

§化学反応がもたらす粒。」への4件のフィードバック

  • nikon1961 より:

    ここまで出れば最高ですね!

    ぜひぜひ、summarit 50mm F1.5 をf4で使ってみてください。
    Summilux 50mm F1.4 ASPH は所詮カラー用の
    近代的なレンズなのだなぁと思いますよ、きっと。

    Retro100にはsummaron 35mm F2.8のメガネつきもおすすめです。

    こちらは開放でもステキな絵が上がってきます。

    曇っている日の一部分だけ日向!
    みたいなところに出会えれば、嬉しくて気が狂いそうになります。

    • moonful より:

      nikon1961さま
      こんにちは。 たぶん今までの中で一番自分で納得したのではないでしょうか。。 というくらいフィルムの美しさに感動しました。 私が望んでいたのはこれですね。 偶然、光の感じとフィルムと現像液がマッチした感はありますが、これを目指してまたがんばりたいです。   Summaron 35mm 眼鏡つき、そいう言われるとものすごーく気になります。。。(笑)
      Summaritも良さそうですね。

  • katatsumuri より:

    老婦人の手の質感がすごいですね!!!

    僕の最近の検索キーワードは「Super-Elmar」です笑

    • moonful より:

      katatsumuriさま
      こんにちは。 えっ!? 「僕」? 私、katatsumuriさんのことずっと女子だと思ってました! ま、女子でも男子でも関係ないんですけど^^。
      Super Elmarってさらに広角ですよね? Super Angulon使ってますが、いっぱい枠に入るので楽しいです♪  私はやっぱりsummicron 28mmがほしいかなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

兎、ときどきライカ。 で「化学反応がもたらす粒。」を表示中です。

メタ情報