冷蔵庫現像 stand development in the fridge

2013/05/01 § 4件のコメント

冷蔵庫現像しました。

放置4時間。 楽ちん。
でもムラになってしまうこともあります。

wind

 

広告

§冷蔵庫現像 stand development in the fridge」への4件のフィードバック

  • nikon1961 より:

    冷蔵庫現像は粒子が目立たないのに荒れてしまいますが
    ISO1600くらいで撮影して5度70分で
    飛び込んで泳ぎたくなるほど
    柔らかいグレースケールができあがります。確率6割!
    黒も潰れにくくなります。

    中間が器用になっちゃいますけれども。

    まさにPlus-Xに近い世界が広がります。

    • moonful より:

      nikon1961さま
      こんばんは。 5度というのは冷蔵庫なのでしょうか。。? そんなグレースケール見てみたいですね。 でも確率6割ですかー。。。 大量に同じものを撮影したときにやってみるのはありかもしれません。 冷蔵庫現像の雰囲気はとても好きなのですけれど、安定しないところが怖いです。

  • straydude より:

    勉強熱心ですねぇ〜w

    感度の事を考えると確かに有効ですが、ロールフィルム、特に35mmでの静止現像はムラのリスクが高すぎる気がします。

    • moonful より:

      straydudeさま
      こんばんは。
      そうなんですね〜。 何かいい方法ないでしょうか。マスコタンクだったらうまくいくのかな。。 勉強熱心というより、何でも試したい病です(笑)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

これは何 ?

兎、ときどきライカ。 で「冷蔵庫現像 stand development in the fridge」を表示中です。

メタ情報