ネガ占い

2012/09/30 § 5件のコメント

知人でネガ占いが出来るという人がいて、私を占ってくれました。

ネガ占いといっても占い師でもなんでもなくて、写真からその人の性格を見抜く、というものらしいのですが。。。

 

深く・・・ 真実・・・ 知性・・・ 合理・・・ 見せる

 

これが私の鑑定結果だそうです。 単語が並んでいるだけでいいのか悪いのかよくわかりません。(笑)

自分的にはじめじめした写真が好きなので絶対に「根暗」って出ると思っていたのですけど。

合理が写真にいいのかもよくわからないし、ネガから知性が判断できるのかも疑問。。

 

また猫の写真撮りました。 まさに根暗な感じの写真になりました。 猫が特別好きというわけではないですが、被写体としてはやはり優れているなーと思います。

 

 

 

のら猫

2012/09/10 § 7件のコメント

ジャイアンみたいな猫。

他の猫の餌を横取りしてました。

 

 

通りかかる人もびっくり。

Rollei ATO2.1

2012/09/07 § 2件のコメント

低感度、微粒子のフィルムを使ってみたくて買いました。

その名もRollei ATO2.1 Super Graphic.

ISO感度は25。

説明を読むと、

ISO 25の低い感度の純粋なリスフィルムであるオルソクロマチック白黒フィルムです。
極めて微粒子、優れた色調とコントロール可能なコントラスト特性をもちます。
乳剤は、長期の寸法安定性に優れた透明な合成の100ミクロン ポリエステルベースに塗布されています。

グラフィック・ビジネスの人々からこれらのタイプのフィルムは、「リス・フィルム」として呼ばれています。
通常リス・フィルムは、図面や文章の複製のために使用されています。
従って、ローライRHCのようなドキュメント現像液に適しています。
ハイ・コントラスト現像液で、1:4希釈 5分です。
絵画的写真としてローライATO2.1を使用したい場合は、
グラデーション・カーブを屈曲する効果があるため、ローライRLC現像液の使用をお勧めします。

 

 

なにやらよくわかりませんけど、微粒子なんだよね、って単純な理由で10本も買ってしまいました。

かなり写真屋さん泣かせのフィルムです。  36枚中現像成功は2,3枚。  

今度は自分で現像にチャレンジしてみたいと思います。  

壁にぶつかったら見る壁。

2012/09/05 § コメントする

 

 

 

 

 

 

とんび

2012/09/04 § 4件のコメント

Fuji Microphenで現像してみました。  間違えてMicrophenのレシピを使ってしまったけど、現像できたからいいのかな。

 

昔、タルトづくりにはまって毎日飽きもせずタルトを焼いていたことを思い出しました。

そのうち自分のアレンジが始まって、粉を変えたり砂糖を変えたり、分量まで変えてしまったり。

最後は元のレシピからかけはなれたものになりました。

 

現像はお菓子作りに似てます。  粉も計量カップもマドラーも使うし。

今は基本に忠実だけど、そのうち自分のレシピが出来たらいいな。

ロジナール

2012/09/03 § 4件のコメント

いつものSPDではなくロジナールで現像してみました。

周辺減光がすごいけど、結構お気に入りです。

Where Am I?

兎、ときどきライカ。9月, 2012 のアーカイブを表示中です。